サントーニ社における過去と未来に対する敬意という姿勢は、サントーニ家とサントーニブランドの発祥の地、マルケ州コッリドーニア市に位置するサントーニ本社におけるエコロジーへの取り組みに見て取ることができます。サントーニ本社では、リサイクル可能率90%を誇る建築資材が利用され、エネルギー消費が最低限に抑えられています。また年間110万7500キロワットを発電する太陽光発電システムが工場と駐車場の屋根に設置され、本社兼工場の年間総消費電力(65万キロワット)がまかなわれています。かかるエコロジーへの取り組みにより、サントーニは2011年『システーマ・ダウトーレ・メトラ』賞(技術革新部門)を受賞しました。

古き知恵とモダンなメンタリティーに基づく、サントーニの上記の環境への配慮は、精選された天然の最高品質のマテリアルのみを使用した靴作りにおいても同様に実践されています。

3_410x265

2_410x265