サントーニシューズ。それはクオリティー、ハンドメイド、完成への飽くなき追求、そして創造性の異名であります。絶え間ない流行の変遷を経て、不変の伝統の職人技術は今や芸術の域へと昇華されました。メンズシューズから生まれた経験、優雅さの追求、そして靴作りの真のカルチャーから生み出されるラスト、ストラクチャー、製法、技術は、レディース、ジュニア、バッグ、革小物にも応用されています。

ハンドカラーペインティング

ハンドカラーペインティング

歳月を経て、サントーニはブランドの代名詞かつ独自性である高度なハンドカラーペインティング技術を確立するに至りました。独自のカラーレシピを継承する色塗り職人は、異なる色で最高15回にも及ぶ重ね塗りをレザーに施し、時には完成までに数時間を要します。先ず革に一色目のカラーペインティングを手作業で行い、乾燥するのを待って、ウールの布を使用してゆっくりと常に縦の方向に色を重ねていきます。 見る
製法

製法

サントーニは40年の長きに渡って、世界で賞賛されるイタリアそしてマルケの誇り高き秀逸のもの作りに誠心して参りました。今尚、豊かな経験と敬意を持って最高級の素材を加工し、伝統の技術力を洗練させ、創造性、革新、絶え間ない研究開発の精神でお客様にご満足頂けるように常に新しい技術を生み出し続けております。 見る
グッドイヤーボローニャ製法

グッドイヤーボローニャ製法

最高のコンフォート感を実現する当製法、実は設計段階において最も複雑な作業を必要とします。グッドイヤーボローニャ製法では、アッパーを木型に吊り込む前に、袋状に縫い付けたライニングを吊り込む形で成型を行います。アッパーとライニングの完璧な密着性が要求されなければなりません。少なくとも15日間は木型でアッパーを寝かせた後、はじめて本底及び非常に柔らかな中底とがアッパーに縫合されます。
レザー

レザー

現代性の意味とは、既に発見された象徴的素材の中にではなく、むしろそれら素材の組み合わせと再提案という関連性の中に見出すことができます。この独自な視点こそが、最高の素材を用いたサントーニシューズに真の個性と唯一無二のスタイルを与えているのです。 見る
お手入れ

お手入れ

全ての芸術品は技術、研究、愛情の表現であります。弊社の商品は、シューメーカーのもの作りによって生まれた正真正銘の芸術的傑作であります。希少品のように細心の注意を払って取り扱いが行われなければなりません。いくつかの単純なルールに従うことで、技術的また外観的品質を永く保存することが可能となります。以下にお客様のお手元のサントーニシューズの正確なメンテナンスに関するいくつかの注意点を列挙させて頂きます。 見る